本セミナーは終了致しました。

ご出席いただいた皆様、ありがとうございました。

 

米国特許セミナー開催のお知らせ(東京)

 

 

下記の通り、米国特許実務のセミナーを開催致します。

 

演題:

 米国特許出願におけるクレームの新規性と非自明性-拒絶理由の分析と対応
 (数値限定クレームの“Overlapping Ranges”)

 

 

 

演者:

 中西康一郎(日本弁理士/米国パテントエージェント)

 

セミナーの内容(要旨):
 (質疑応答を含めて1時間程度)

 日本の弁理士として、また、米国パテントエージェントとして、日米両国において長年に亘り特許出願及び中間処理手続きに従事してきた演者が、米国特有の実務における勘所をお話し致します。

 日米間における発明の捉え方の相違、米国実務における勘所、米国代理人との上手な付き合い方といった観点から米国において強い特許を効率的に取得するためのポイントを説明します。

 特に、数値限定クレームを例にとり、審査におけるクレーム発明の新規性や進歩性(非自明性)の判断について、米国と日本の特許実務の違いを考察致します。

 

 

開催場所:

 東京・新橋

 〒105-0003
 東京都港区西新橋1丁目15-1
 大手町建物田村町ビル
 TKP新橋カンファレンスセンター
 カンファレンスルーム3C

     

日時:

 平成30年3月2日(金)

 セミナー 18:30~19:30

 

 定員 20名

 

参加費:

 無料

 

主催:

 Nakanishi IP Associates, LLC

 

 

参加対象者:

 米国における特許出願実務に興味のある方であれば、特に問いません。企業知財部員、

特許事務所員、翻訳者様等、どなたでもお気軽にお申し込みください。

 

参加方法:
 (1) ご聴講を希望の方は、以下のE-mail アドレスまでご連絡ください。

   件名には、「セミナー参加希望」とご明記ください。

   メール本文には、聴講を希望されるご本人の氏名と、もし差し支えなければ 所属

  (例:会社知的財産部勤務、特許事務所勤務、学生、弁理士受験生、等)をご記入ください。

 (2) 本セミナーについてご質問等がございましたら、ご遠慮な くお問合せください。

 

   セミナー申し込み用E-mail Address: nakanishi@nipa-pat.com 

 

 

 

Copyright (c) 2014 Nakanishi IP Associates, LLC. All Rights Reserved